艦これ海軍史~ダメ提督の野望~ イベント前日、イラストコラム如月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イベント前日、イラストコラム如月

・冬イベント「迎撃!トラック泊地強襲」を明日に控え、執務室を改造。他にやることないんかと言えば、さしてないのだった。

クリップボード06

家具のバーカウンターを購入。艦隊の手本となるべき提督が執務室をバーカウンターに改造、堂々と酒を持ち込むという暴挙に出た。わたしが部下なら「この艦隊、終わったー」と思うであろう。アル中鎮守府へようこそ。グビグビ。ひゃっはー!

この艦隊に未来はない。


・イベントが始まろうかというのに、まだ叢雲が出ない。よもやひと月以上、探すことになるとは思わなかった。レア艦なのかなあ。

murakumo

わたしが叢雲を見つけるのが先か、清霜が戦艦になるのが先か、どっちが先だ?というぐらい出ない。戦艦清霜が誕生しそう。

kiyosimo



・イラストコラム如月
イラストコラム漫画

今回は、アニメでちょっといろいろありました如月ですね。

アニメも5話まできましたね。観続けてはいるものの、もうちょっとアニメの世界がどうなっているのか、具体的に見たいなあ。世間の人間は存在しているのか、暮らしぶりはどうなのか、治安はどうなっているのか、自衛隊はいるのか、他国はどうしているのか、現在に至るまでの歴史、そもそもここは日本なのか。それらを全部決めたうえで描かないというのはありだと思う。

アニメ「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」で、笑い男というカリスマ性を持った犯人が登場する。図書館で、笑い男と主人公は対峙するが、その背景に本棚が映る。本の一部は背表紙が読める。だが、背表紙が判読できない本についても、一応どんな本かは設定が決められていたという。そんな細かいところまで決めていてあえて描かないのと、決めてないから描けないというのは実はまったく異なるように思うのだ。そこが作品の厚味の差になってくる。

艦これは、鎮守府内の指令室、教室、浴場、私室、甘味処間宮、海ぐらいしか舞台がない。どうやって世界が構成されているかが見えない。深海棲艦とは何か、戦うことに意味はあるのか、作戦の必然性なども感じられない。場当たり的に出撃しているようにしか見えない。作り手の中で世界が定まってないから、描けないのではないか。じゃあ、おまえは「攻殻機動隊」か「銀河英雄伝説」でも観てろよという話ですけど。ああ、それを言われると困る。

キャラについては、普通の人格が一人もいないように見えた。感情の起伏が大きくて単純というか。ゲームのセリフを再現するのもいいですが、再現が目的ではなく、作品として面白くするのが目的なわけだから。島風にいたっては、あれは完全に危険ドラッグをやっている。ああ、わたしの島風が。連装砲ちゃんが。だがしかし、6話以降に期待するのです。それと、龍驤を出してください。



・刀剣乱舞
一期一振

最強の太刀の一本である一期一振が出た。レシピは、550 / 660 / 660 / 660 絵馬なし、秘書 鶴丸国永(太刀、レベル51)。

5-2で足踏み、先へ進めずという状態が続いている。あと、えらく長い遠征任務(15時間越え)もきつい。そこらへんも、艦これを真似たのだろうか。艦これは48時間とかあったからなー。恐ろし。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アニメ、絵や動きの部分は文句無しですけどねえ・・・
世界の中でキャラクターが息をして、動いているというよりは動かされている印象が強いです
1クールのなかでたくさんのキャラを出して見せ場を作り・・・と色々大変なんだろうなあとは思うのですが、なかなか難しいですね

アニメはアニメとして、原作から派生した沢山の作品のうちの一つだと割り切ればいいのかもしれませんけど、漫画や小説と違って見てる人の数が桁違いだからなあ

No title

ホワイトさん

>1クールのなかでたくさんのキャラを出して見せ場を作り・・・と色々大変なんだろうなあとは思うのですが、

そうですね。みんな好きな艦娘が違うから、いろいろ出番を作らないとというのがあるから大変ですよねえ。ものすごい数いますし。


>アニメはアニメとして、原作から派生した沢山の作品のうちの一つだと割り切ればいいのかもしれませんけど、

わー、これはすごくわかる気がします。
原作に思い入れがあるほど、リメイクや実写化されたときに厳しくなってしまう傾向がありますよねえ。「そういう解釈もあるんだ」というぐらいの気持ちで観れば、いいんでしょうねえ。

No title

はじめまして!
過去日記からずーっとたどってはや数日、
やっと最新記事に追いつきましたw
とても楽しい日記で大型建造を残している私にとっては
ビスマルクがでない日々のあたりは戦々恐々と読ませていただきました。

アニメは艦これをプレイしてない友人に聞くとやっぱり
よくわからないらしいですねー。世界観などの状況説明が
少なすぎるようです。ファンアニメの位置づけで作られているんでしょうか。
せっかくアニメになったのだから艦これをプレイするきっかけになってくれれば
ゲーム自体の寿命も延びていいのにと自分本位に思ってみておりますw

No title

イベントを前にしてバーカウンターとは・・・
特に一部の軽空母二人が飲み過ぎて二日酔い状態でイベント海域に出撃しそうな気がしますねw
大本営からも、緒戦は対潜マップだから覚悟しておけよ(水雷戦隊だけ出撃とは言っていない)といってますので。

ちなみに、対潜装備といえば、1-5が実装された時に大慌て開発する羽目になった覚えがあります。(当時はまだ2-4を通過してなかったことから、のんびり構えていたのです)
とはいえ、対潜装備は開発で出す分には出づらいもの。
一部レア艦を牧場して装備を剥ぎ取らないと集まりにくいのでした・・・。

No title

ちぜさん

>過去日記からずーっとたどってはや数日、
やっと最新記事に追いつきましたw

ありがとうございます。そんな、過去分から読んでいただくなんて。
大型建造で「出ない出ない」と言っているだけですので‥‥。

まだ大型建造残されているんですね。
うらやましいなあ! ビスマルクとか大鳳とか作り放題じゃないですかあ! うへへへ。


>せっかくアニメになったのだから艦これをプレイするきっかけになってくれれば
ゲーム自体の寿命も延びていいのにと自分本位に思ってみておりますw

そうですね。アニメ、ゲームとも盛り上がっていくといいですよねー。


妙島浩文さん

>イベントを前にしてバーカウンターとは・・・

バーカウンターって、夜にアクセスするとランダムで画像が変わるんですね。
那智のボトルや、霧島の日本酒、枝豆が置いてあったり。凝っていていいですね。


>ちなみに、対潜装備といえば、1-5が実装された時に大慌て開発する羽目になった覚えがあります。(当時はまだ2-4を通過してなかったことから、のんびり構えていたのです)

対潜装備は、三式とかは出づらいですよね。
今回も、九四式爆雷、九三式ソナーがメインで活躍しそうです。
でも、一番の敵は猫かもしれませんが‥‥。

■艦これリンク



カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
人気記事
ブログパーツ
運営公式ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

羊

羊
・管理人: 羊
・RSSの設定
http://kankore2013.blog.fc2.com/?xml


PVランキング

カウンター
リンク
広告





ページトップへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。